イメージ画像

助産師求人の平均年収と転職

画像

看護師の国家資格を持っている人は助産師の国家資格にチャレンジすることができます。看護師の秒刻みの仕事とは違い助産師の仕事はじっくりと出産に備えるという仕事になりますから性格的に向いている人もいるでしょう。
助産師の求人・転職のおすすめは?

看護師の仕事に限界を感じている女性は助産師を目指すという選択肢もあります。 ここでは、助産師の平均年収と看護師からステップアップ転職についてお話をしましょう。

助産師の平均年収は、勤務先の事情や経験年数によって大きく違います。 大体の相場では530万円前後という統計があり看護師の平均年収と比較すると高めになっています。 助産師の国家資格は看護師免許を持っていなければ取得できないなど、いろいろな決まりがあります。

現在助産師として活躍している女性も看護師を経験して助産師にステップアップしているケースが多いです。 「看護師としての経験を積んでいなければ助産師になる勇気は出なかった」という人もいます。 助産師の仕事には、人類の誕生に関わるという独特のオーラがあるのかもしれないです。

助産師は看護師と比較して平均年収が高いだけでなく平均年齢も高いです。 実際に70歳を越えても現役で助産師の仕事をしているケースも珍しくありません。 助産師は専門性が高くて多くの経験値が必要な仕事なのです。 看護師経験と知識をステップアップして助産師の資格を取得する女性が多いです。

けれども晴れて助産師の資格を取得できても、どのように生かすか悩んでいる人もいるかもしれません。 そんな場合は転職支援サービスを利用する方法もあります。 「看護師から助産師に転職していく方がいいのか」 「助産師の資格を得たけれども、もう少し看護師の仕事をしたほうがいいのか」

いろいろな意見を聞きながら将来の働き方を考える良い機会になるでしょう。 助産師の現状や将来性を考えて様々な角度から検討する必要があります。 場合によっては助産師として転職することが裏目に出る場合もあるかもしれないからです。

自分が思っているような助産行為ができないかもしれません。こういったことを避けるために転職支援サービスでは徹底的な事前調査をして求人情報を公開しています。

助産師ができることとできないこと

助産師はお産に関わる様々な行為を行うことができる資格ではありますが、一人でなんでもできるというわけではありません。どこまでであれば助産師でも対応できるかというのは、実は細かく定められているようで曖昧であるというのが現状です。

というのも、法律などによって決められていることが少ないので、現場の判断に任されることが多くあるのです。

例えば、出産後にはへその緒を切ることになりますが、この行為は助産師にも認められています。 ですが、看護師などは行うことができず、医師と助産師のみしか行うことができません。

しっかり理解しておきたいこととして、助産師は正常分娩しか対応できないということを頭に入れておきましょう。 つまり、帝王切開などが必要になった場合、助産師ではなく医師が担当しなければならないということですね。

というのも、助産師には医療行為が認められていないからです。 そのため、帝王切開や麻酔が必要になってしまった場合、助産師だけでは対応することができません。

これは、出産をする際だけでなく、妊娠期間中にも異常がないことが条件となっているので、仮に妊娠期間中に異常が見つかってしまったという場合は、助産院ではなく病院での出産をすることになりますね。

状況によっては、助産院で分娩途中に異常が起きてしまうことも考えられますが、この場合はすぐに病院へ連絡をし、搬送をする形になります。

助産院ではなく病院の助産師として働く場合、仕事内容は看護師とほとんど変わらないと言えるでしょう。 分娩の際には看護師とも協力をしながら仕事をすることになります。

やりがいという意味では、助産院のほうが上だと感じるかもしれませんが、異常分娩となってしまった場合のリスクについてもよく考えておくようにしましょう。

助産師として独立して助産院を開院したいと思っているのであれば、まずは病院の助産師としてしっかり知識を深め、経験を積んでいく必要があります。

看護師と助産師の比較

助産師といえば、看護師資格がなければ取得できない資格であるため、看護師の上位資格だとも言えます。 ですが、看護師としての仕事内容の更に上の仕事をするというわけではなく、担当する仕事には違いがあるということを理解しておきましょう。

まず看護師の場合、病気の治療や、患者さんのサポートをするのが主な仕事内容ですよね。 一方、助産師が担当するのは妊婦さんです。 ただ、助産師になるためには看護師の資格を取得しなければならないということからもわかるように、助産師の仕事の中には看護師が行うような仕事も含まれているということになります。

看護師であれば助産師の仕事を行うことはできませんが、助産師であれば看護師が行う仕事に加え、助産師にしか認められていないような仕事も行うことができるというわけです。 助産師の主な仕事といえば助産行為となりますが、助産行為を行うことができるのは医師か助産師のみとなっています。

職場に関する違いについてですが、これはそれほど大きな違いはありません。 どちらの場合も、病院や学校、保健所などが挙げられますよね。 これらに加え、看護師の場合は福祉施設や企業で働くこともできますが、助産師の場合は福祉施設や企業での需要は少なく、そのかわりに助産院で活躍しています。

また、専門性に関しても違いがあります。 看護師として働く場合は、大きな病院では配置換えを行うのが一般的ですが、助産師の場合はそれがありません。

このことからも、看護師は幅広く様々な診療科を経験することができる仕事であり、助産師はお産に関する専門的な分野を極めることができる仕事だという違いが挙げられます。

どちらも同じような仕事をする、環境も似ていると思っていた人は、このような違いがあるということを理解しておきましょう。このまま看護師として働くか、助産師を目指すか迷っているという人もいるかもしれませんが、仕事内容は大きく違うので、よく考える必要があります。

このページの先頭へ