イメージ画像

助産師が不足している原因

同じ医療系の仕事でも看護師はセカセカとした仕事ですが、助産師の仕事は気長に待つことが必要になります。 助産師資格を取得するには看護師の国家資格が必要です。 看護師から助産師へステップアップを目指す人もいますが圧倒的に助産師不足の状態になっています。

ここでは、助産師が不足している原因と再注目されている助産院について解説します。 助産師が仕事をする場面として思いつくのは産院や病院などの産科と助産院でしょう。 出生率が右肩上がりであった時代では多くの出産が助産院で行われていました。

しかし、同じ出産でも正常分娩ばかりではなくなってきました。 それと同時に救急医療の充実した病院やクリニックが増えてきました。 こういった時代背景から助産院よりも病院や産院で出産する人達が増加してきたのです。

助産院の存在そのものが薄くなって消えるのではないかと懸念された時期もありました。 また、近頃は出産に関係する訴訟を起こす人達が増えてきたころから、リスク回避のために産院を廃業したり産科をなくしてしまう病院が激増したのです。

当然のことながら助産師を目指そうとする人達のモチベーションも下がりました。 これが助産師が不足している原因になっています。 近頃では<出産する場がない>という新たな問題が出てきました。

そこで注目されてきたのが助産院と助産師の存在です。 助産師の仕事を目指す人の理由のなかで常にトップに座をしめているのが<人間の生命の誕生に深く関わる仕事で神秘性に惹かれるから>ということです。

また助産師を目指すには看護師の国家資格を持っていればスムーズになります。 こういった視点からも看護師が助産師に転職するという事例も増えてきているようです。 看護師の仕事内容はとてもハードであり、のんびりと構えて仕事をするイメージではありません。

秒単位で仕事をする素早さが必要になる印象が強いです。 看護師は仕事の厳しさに耐えきれなくなって転職したり退職したりするケースが多く大きな社会問題にもなっています。

以上、助産師が不足している原因と再注目されている助産院について解説しました。 助産師は<出産を気長に待つ>という仕事ですから、正反対の看護師の仕事からの転職には魅力が溢れていると言えるでしょう。

このページの先頭へ