イメージ画像

助産師と産婦人科医の違い

主に女性が活躍する医療系の仕事には、看護師・助産師・保健師・医師などがあります。 どのように違うのかわからない人も多いかもしれません。 その中でも今回は、助産師と産婦人科医の違いと助産師の仕事を探す方法を説明しましょう。

まずは産婦人科医は医師であることが大きなポイントになります。 産婦人科医は医療行為を行うことができますし、男性でもなることができるのが特徴です。

一方の助産師は看護師の国家資格がなければなることができませんし助産師養成学校に行き国家資格を取得しなければなりません。 そして助産師は医療行為が自由に行えないという制限があります。

助産師は看護系の仕事の中でも唯一男性がなることができない職業です。 助産師の国家資格があれば自由に開業ができるのも大きな特徴とされています。 このように助産師と産婦人科医の違いがあります。

では助産師として仕事をするにはどのように職場を探せば良いのでしょうか? 看護師から助産師へステップアップしようと考えている人もいるでしょうし、現在助産師として勤務している職場から転職を考えている人もいるでしょう。

真っ先に思いつくのはハローワークにいって求人を探すことでしょう。 看護師と同じように助産師も人材不足になっていますから、求人は多くあり自分が希望するところを選べます。

しかしながら、ハローワークは古い情報が掲載されていることもありますから、看護師求人雑誌や転職紹介サイトなどを利用することを視野にいれるのも良いでしょう。 看護師で助産師を目指そうと考えている人も就職状況や将来性を相談しても良いと思います。

以上、助産師と産婦人科医の違いと助産師の仕事を探す方法を説明しました。 看護師から助産師国家資格を目指すには、それなりの学校に通わなければなりませんし看護師の仕事を続けながらはとても厳しいでしょう。

現在看護師の仕事から離れている人で助産師を目指す人は比較的チャレンジしやすいと思います。 あまりブランクがない段階でステップアップ・スキルアップを目指すと看護師資格も生きてくるでしょう。

このページの先頭へ