イメージ画像

助産師国家試験の対策

助産師になろうとなったら、国家試験に合格しなければなりません。 そこで、国家試験の対策などについてご紹介しましょう。

準備を始めるのは、8月ごろが良いですね。 夏くらいからしっかりとした対策を取り始めておきましょう。

夏休みに入ったら国家試験の勉強に力を入れた方が良いです。 学校で購入した教科書のほか、国家試験の過去問や模試も用意して取り組みましょう。

過去問については、できる限り夏休み中に一通り行っておくのがおすすめです。 ただ、人によっては宿題が多かったり、学校の試験が待ち構えているという方もいるでしょう。

そのため、難問につまづいてしまった場合はそれを飛ばし、効率のよい勉強方法について考えていくと良いですね。

国家試験に合格するためにはたくさん勉強しなければならないので、いかに効率よく学んでいけるかということが重要になってきます。 解説の分かりにくい過去問につまずいてしまうよりも、そこは飛ばして、他の解説を確認したりするのもおすすめです。

秋になると実習に時間を割かなければならないため、十分な勉強時間を取ることが難しくなってしまうかもしれません。 模試を受けることも多くなるので、答え合わせをよく行い、自己採点にも力を入れると良いですね。

試験対策の本番ともいえるのが、12月以降の時期です。 これくらいから本格的に力を入れる方が増えますが、夏ごろから勉強をしっかり行っている方であればそれほど慌てる必要はないでしょう。

授業はほとんどない時期ともなるので、受験勉強に力を入れることができます。 勉強の効率化を図るためにノートをまとめるという方もいますが、一から丁寧にまとめるよりも、何度も間違えてしまう問題のみを求めた方が良いですね。

助産師の国家試験を受けることになると精神的なストレスもたまりやすくなるので、たまには息抜きをするというのもおすすめです。

助産師は、非常にやりがいのある仕事なので、目指す方は多いのですが、途中で挫折しないようにするためにも適度な息抜きというのは重要になってきます。

このページの先頭へ